なぜ今、解散・総選挙なのか?

日本語

 

衆議院選挙が10月10日に公示され、22日(日)の投開票まで12日間の選挙戦に突入しました。

ここで改めて、「なぜ今、解散・総選挙なのか?」、その本質的な意義について理解する必要があるでしょう。

また、今回の衆議院選挙を一言で言えば、「誰に日本の平和と安全を託すのか?」とも言えます。

現在、様々な政党がありますが、私たちは一体、どこを支持すべきなのでしょうか?

そんな疑問に明快に答えるべく、国際勝共連合公式サイトにオピニオンが掲載されていますので、ぜひともご覧ください。

「国難突破」の意味は深刻だ — 外交・安全保障政策の継続でリスク回避を
 第48回衆議院選挙が10月10日に公示され、22日の投開票まで12日間の選挙戦に突入しました。「自民党・公明党」と野党勢力「希望の党・日本維新の会」「共産党・立憲民主党・社民党」の3極が争う展開となり、安倍首相率いる自公連立政権が継続できるかどうかが最大の焦点とされています。 私たちが忘れてはいけない原点は「なぜ今、...

有権者である皆様が、日本の平和と安全のため、賢明な一票を投じてくれることを心より願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました