終戦70年記念にむけた米国家庭連合会長のメッセージ

日本語

第二次世界大戦終戦70周年を記念するこの機会に世界平和統一家庭連合米国会長のマイケル・バルコム博士が以下のメッセージを発表した。

 

日本による平和探求の履歴

sakura太平洋戦争が終了した1945年8月15日から70年がたった今日は、全ての戦勝国の国民たちにとって過去を省みる機会だ。その日、おそらく中国、韓国、フィリピン、米国、英国などの国々では何億もの人々が安堵のため息をしたことだろう。1937年に中国で始まった全面戦争の終焉に世界はこうべを垂れた。痛ましくも数々の国々と民族が苦しんだ。侵略国に対する報復も悲惨であった。二大都市への原爆投下、全ての主要都市への焼夷弾空爆という大きな衝撃に苦しんだのは日本だけだった。

しかし、70年を経て、敗戦国のなかでこれほどの情熱、エネルギー、そして志をもって、償いのために立ち直ってきた国は、この「日が上る国」をおいて見ることはできない。日本という国はほぼ70年間、悔恨、平和構築そして他国への慈善支援の模範となってきた。20世紀にアメリカにきた日本人移民たちは商業、文化、人道といった分野で著名人となっていった。また、このアメリカ国内に数ある宗教共同体のなかで、世界平和統一家庭連合の信徒たちほど日本人の卓越した倫理について知っている共同体はないだろう。

まさに今この時、マチダ・マツオさんはカンザス北部の埃っぽいハイウェイを歩いている。マチダさんは65歳。古くからの家庭連合メンバーだ。ワシントンDCからサンフランシスコまで、ある志をもって徒歩で歩いている。それは、文鮮明師に対する脱税判決と一年をこえる収監は不当であったという自らの信念を訴えるということだ。しかし、86日以上をかけ2800マイル(約4500キロ)を踏破するにはもう一つ理由があった。それは、旧敵国、すなわち日本、韓国、米国の和解こそが文師のビジョンであったと世界に伝えることだ。

文師の合同結婚式はメディアでも多く報道されたが、背後にはこうした深いビジョンがあったのだ。1970年以降、何千人もの日本国民がアメリカ、イギリス、韓国やフィリピンといった国々の男女と結婚したが、その動機の一つが世界平和を築くというものだった。こうした平和のための結婚は、故文鮮明師と婦人の韓鶴子女史により奨励されていた。当時は物議を醸したが、これらの結婚のほとんどは現在も続いており、その結実として何万人もの二世や三世の子女たちが生まれてきた。

統一運動の日本人メンバーは平和構築のために、アメリカだけでなく世界数十か国において並外れた貢献をしてきた。世界の各地で教会や学校を建て、公益事業を立ち上げてきた。私が統一運動で知り合い、尊敬するに至った日本人たちは慈愛の心情に満ち溢れていた。他国での彼らの活躍の公の記録はその証となっている。

2015年8月15日という悲しみの反省をする日に、第二次世界大戦での無数の残虐行為の被害者たちのために黙祷を捧げよう。しかし同時に、アジアの敗戦国には、平和を勝ち取る道を世界に真に示してくれた市民たちがいることも覚えておこう。

 

原文はこちら

Japan’s Record in the Quest for Peace - FFWPU USA
Read Japanese Version On the occasion of the 70th anniversary of the close of World War II, Dr. Michael Balcomb, president of the Family Federation for World Pe...

コメント

  1. 笠井賢 より:

    上記コメント(abc による2015年8月17日9:20)の削除を要請いたします。笠井賢

タイトルとURLをコピーしました