真のお母様のみ言 【全文】― 協会創立60周年記念式典5月1日

日本語

<真のお母様のみ言>

協会創立60周年。 長いといえば長く、短いといえば短い、遠い道のりを経て、「人生六十」になりました..

今、地上の生ではなく、近づいてくる天上の生を準備する時間だと言うことができます。協会創立60周年をちょうど木の年輪のように一つの区切りの時と見る時、私たちが通ってきた過去において、1950年代・60年代は最もこの国が大変だった時です。

解放のあと、第2次世界大戦直後に国が立つと思った時に6.25動乱によってまたこの国は焦土となりました。
希望を見出すことができませんでした。
しかし天は キリスト教文化圏を通じて2000年前にかつてイスラエル民族に与えた”終わり日にメシアを送る!”という約束をこの国を中心として実現できる準備をすべてなして下さいました。しかし2000前と同じくこの国の指導的地位にあるキリスト教指導者たちは特に、新しい文化に接した政治家や指導層の人々はメシアがわかりませんでした。

その時、もしキリスト教文化圏がお父様と
一つになっていたならば世界は変わったでしょう。
ところが、天が立てて準備されたキリスト教圏が
先頭に立って反対するということによって
御父母様の居場所がなくなりました。

協会創立60周年は荒野路程のようです。
カナン定着を果たし、天一国を開いて下さいましたが、
皆さんの姿勢はどうですか?決意はどうですか?

自信がありますか?

これまでに皆さんは、たいへん苦労してきました。
難しい環境で備えられることが出来なかった環境で。
造成されていない環境で迫害を受けながら本当に難しい中、最善を尽くして生きてきました。

しかし私たちは歴史を振り返ってみる時、準備された者ではなく不足した者でした。
とても不足していました。また、多くの試行錯誤もしました。

そうしたことを振り返ってみる時に、私たちは新しく決意しなくてはなりません。分かりますか? (はい)

私が、私たちが、過去に何をどのように誤ったのか、どのように努力して、いかに実践たのかを振り返って、もっと大きく天の前にお返しすることができなかったことに対して、天の前に反省しなければなりません。

この60年を土台にして皆さんが新しい時代に真の父母様によって、新しい摂理歴史を出発したでしょう? ここで皆さんはもう過去のような、そういう失敗は容認されることがありません。分かりますか?  (はい )

私たちには完全無欠な真のご父母様の基盤があります。

今日の訓読会のみ言の中にもありましたが、真の父母様によって私たちは特典を得ました。
ご父母様は、真の愛の実践について「与えても与えても、忘れてまた与える」とおっしゃいました。
そうしなければなりません。

皆さんの立場でお返ししなければなりません。
皆さんによってまだ真のご父母様を知らない同時代圏に生きていながらも分からない人々のために
皆さんが倍の努力をしなければなりません。

60年の間に成す事が出来なかったことを、
今後60年以内に成し遂げて差し上げると考えれば、
今皆さんが何歳になったとしても
天は皆さんを祝福するでしょう。

皆さんが神様の創造目的成就と
心情文化世界創建のために全力を尽くすならば、
天の父母様は皆さんが責任と使命を果たすことができる時間を許諾して下さるでしょう。
本来、堕落していない、真の神様の創造の中では、人間を中心とした心情文化を成し遂げるについて、天の父母様は生命を最大限、地上で天の前に奉献して、恩返しできる時間を与えられるでしょう。
与えよう、とおっしゃいました。

これは何の話なのかというと、人間の寿命が60でないということです。 わかりますか? (はい)
今!皆さんがどのように行動して生きるかによって、
皆さんが責任を果たすことができる時間を天は十分与えてくださるということを確信してください! (はい。拍手)
うれしいですか?

5月といえば春です。
摂理の歴史とすべての統一家の歴史は、春から出発しました。春は生命が躍動します。
希望を植えることができ、夢を育てることができる美しい季節です。だから、お父様は春がお好きでした。
私も同じです。私は春の歌しか知りません。
ところで皆さんは、この日を迎えて感謝しなければなりません。
本当に皆さんは幸せな人たちです。

春に農夫がどのような準備をして種を蒔きますか?
未来の大きく美しい収穫のために、真心を尽くして土地を耕して蒔きます!
皆さんも同じです。
私たちには世の中の誰も持つことが出来なかった宝物があります。
とても貴重な種があります。

三大経典でしょう。(はい) 
それから?
(天一国憲法です。)
天一国の憲法でしょう。 (はい)
これがどれくらい驚くべき奇跡なのか分かりますか?
この武器を持つ皆さんが
この春にどんな計画をもって種をまくかに従って
天と地の災害を凌駕できる
そういう途方もない力とパワーを
世の中に見せることができます。
この何日か前にアメリカ中南部を強打した竜巻が
5州を席巻して行きました。
この国には何が起こったのですか?
このようなことがなぜ起こるのですか?

皆さんが真の主人になって責任を果たすべきです。
世の中を教育しなければなりません。
私たちの他には知る人がいないのです。
この国の為政者やすべての指導的地位にある人々が
学ばなければなりません。
皆さんを通じて学ばなければなりません。
その道だけがこの国が生き、世界が生きる道です。

この驚異的な力を持った皆さんが実を結ばず、天の前にお返しする結果がない場合には
この時代を生きた皆さんは未来の子孫や、先祖の前に顔を上げることができません!
皆さんの居場所はありません。わかりますか? (はい)
この場所が、この瞬間が、どのくらい切迫して感謝すべき瞬間かということを皆さんは忘れないで下さい。
そして実践する皆さんになることを切にお願いします。
(はい.拍手)

 

 

韓国語原稿(今日もいいことがある!統一教会員のブログ)より訳出

訳Harikawa

コメント

タイトルとURLをコピーしました