「天の父母様聖会」の出発 天地人真の父母様天宙聖婚60周年記念特別集会 み言

日本語
????????????????????????????????????

天一国8年天暦4月16日

(2020.5.8) 9:00

HJ天宙天寶修錬苑大聖殿

 

会えて嬉しいです。3ヶ月ぶりですね。5月といえば一番美しい季節、希望の季節だと言います。数日前に私が天正宮博物館の庭でつつじ畑を散策していた時ですが、いつ来たのか蜂や蝶たちが踊って熱心に仕事をしている場面を見ました。その時私は、創造主・天の父母様を思いました

 

真の父母様の人類救援のマラソンと天一国基元節宣布

その方には夢があり、天地万物を創造されて、このような美しい季節を人間のためにつくってくださいました。しかし,人間始祖の堕落によって、天の父母様が天宙の主人であられるのに,その主人の役割をできませんでした。ご自身があまりにも長い6000年の期間を、自身のみ旨を知り得る人間を尋ね求められ、忍耐して待って来られました。特に今回のコロナの事態によって全世界の国々が国境封鎖をして、あらゆる面で一つになれないように自国を中心とした道に進んでいます。人間の努力と力ではこれ以上一つになれず、平和の世界が来ることができないということを見せてくれました。皆さんはどのように感じましたか?

1960年は、天の父母様が待ちに待った地上の摂理を出発できる年です。1960年3月16日、この日は天の父母様が真の父母と一つになる日にならなければなりませんでした。しかし歴史を通して見る時に、救援摂理、蕩減復帰摂理は多くの過ちによって遅れてきました。特に再臨のメシヤという方、その方の責任はキリスト教基盤を通して(キリスト教復帰を)完成できなければなりませんでしたが、そのようにできないまま1960年、真の父母は世界に向けてマラソンを始めました。世界を抱くために絶え間なく努力し、到底話すことのできない、言語に絶する血の涙の流れる死闘でした。

54年間マラソンは続きましたが、2013年1月13日、基元節にゴールインを誰がしましたか? 真の母だけがゴールインしました。それで私は天一国を宣布しました。天一国元年を宣布しました。そして3年間は真のお父様のため、天の父母様の前に、矜恤と赦しと愛を切に求めました。真のお父様の使命は地上で完成をしなければなりません。地上が先です。しかしそうなることができなかったのです。それで私は3年の侍墓精誠を捧げると話しました。3年後に、真のお父様にこのように話しました。「天の父母様の前に頌栄の対象として自由になってください。地上は私が責任を果たします。」

地上が重要なのです。皆さんがきょう、私とともに息をして存在しているこの瞬間が、どれだけ重要なのか分かりません。今回のコロナの事態で皆さんは距離を置くことと多くの分別をしたことでしょう。皆さんの今の人生が、永遠なる天上の天一国の民として資格があるかを検討し、努力して反省し、悔い改めなければなりません。そして責任を完成すると誓う皆さんになることを願います。そのようにしますか?(はい)

 

天一国安着と愛の実践

4年間息つく暇もなく過ごしました。摂理を知っている私としては、一刻の余裕もありませんでした。皆さんは感じ、見たことでしょう。ただ天の父母様だけが私の側にあられました。それを認めますか? (はい) 私が「7ヶ国復帰をしなければならない」と話した時、皆信じませんでした。私が「アフリカに行かなければならない、セネガルに行かなければならない」と話した時、全員が反対しました。しかし結果と結論はどうなりましたか? 勝利しました。勝利した土台の上で私は2020年、天一国安着を宣布しました。

天一国安着です。定着ではなく安着です。宣布をしたならば、宣布として終わってはいけません。それで私はこのコロナの期間中、55日間深い精誠の祈祷を捧げました。天はこれ以上待てないということです。地上に私がいる間に、天の父母様に万民とともに栄華をもって侍って生きる生涯を見せてあげなければならないのに、遅らせることができないというのが結論です。

皆さんは世界本部事務総長を通して歴史を学んだことを知っています。天の父母様が夢見て来られたその愛の実践場は、天上ではなく地上です。見えない霊としておられる天の父母様が、見える完成した人間と一つになった真の父母の位置で、天の父母様として人類を抱いて愛し育てたかったのです。その夢を実践しなければなりません。これ以上天を待たせてはいけません。これ以上、人類が苦痛を受けて悟れる時間、長く見るべき時間は、私たちにはありません。

私は今回無理をして、足がちょっと痛かったのです。気持ちとしてはすぐにでも活動したかったのですが、そうできない状態だったために、天は神妙にも休むべき時間を、私にくださいました。考えてみれば感謝するのみです。

そうであれば、私がすべきことは天の父母様に侍り暮らすべき天一国の民が、どのようにして侍り暮らさなければならないかを見せてあげなければならないのです。それで真のお父様の聖和後に私が天苑宮をつくると話した時、その準備がすぐに実施できませんでした。この世的な、人間的な、さまざまな障害物が多くありました。しかしいま決めました。2023年にこの美しい季節に天苑宮、特に天の父母様に侍ることのできる聖殿である『天一聖殿(천일성전)』を奉献して差し上げようと思います。

昔、真のお父様がこのようなみ言を語られたことを皆さんは憶えているでしょう。「これからこのみ旨を知った世界の全ての人々が、いっぺんにどっと押し寄せて、釜山の沖合に遊覧船が絶え間なく連なるようになるでしょう。」これは言葉だけになってはいけません。実体的に成されなければなりません。そうであれば見せてあげられるものがなければなりません。それで私は拍車をかけます。

この国の民が念願する南北統一に対して、私はずいぶん前から話しました。人間の頭と人間の努力ではいけないというのです。天の父母様に侍る位置にならなければなりません。この国が神韓国にならなければならないということです。それで拍車をかけるために5つの地区に分けました。少しでも多くの効果をおさめるためにそのようにしました。今回、国会議員選挙に皆さんは実力発揮をしましたか? この国は天の父母様がいらっしゃらなければならない国です。ところでみ旨を知らない政治家と、み旨を知らない民が、天の摂理の妨害となってはいけないのです。ですから皆さんが教育をしなさいというのです。摂理の真実の歴史を知らせてあげなさいということです。

 

天の父母様聖会のもと、地上天国を実践しましょう

幸いにも私の自叙伝が出ました。これを読む人たちの心がどのように変化しているか、皆さんはご存じですか? 私は皆さんから感想文をもらいましたが、平和大使や一般市民たちからも、もらいました。天が皆さん祝福家庭を愛されて、このようなプレゼントをくださり、機会をくださったのですが、皆さんの責任が重要です。責任を果たしますか? 一人でも、この地に住んでいる民が、天の父母様を知らないということがあってはいけません。真の父母が分からなくてはいけないのです。キリスト教はもう暮れました。

ですから私は政界、宗教界、財界、思想界、言うまでもなくすべての人たちが一つの旗の下に集まることのできる『天の父母様聖会』として発表します。英語で言えば “Heavenly Parent’s Holy Community”です。今まで教会という名前で、キリスト教とすべての教団が責任を果たせませんでした。天の父母様の大きな傘の下、今まで私たちがして来たすべてのNGO、天宙平和連合、家庭連合、女性連合など、すべてのものが入って120%天の父母様を証さなければなりません。皆さんの分かっているという頭で時を判断しないでください。愚かなことをこれ以上しないでください。これ以上、父母様の前に親不孝をしないでください。

私は今まで選り分けられた摂理の真実を話すと言いました。天の父母様には天の父だけいらっしゃるのではなく、天の母もいらっしゃいます。この名称は天の母が中心になって世界人類を抱いて生んでくれるという意味があります。そのような大きな傘です。皆さんは立ち上がり、興奮して踊らなければなりません。いつ私たちにこのような日が来たのか!世界的に力が無く、多くの困難があったこの国が、誰のおかげで世界の前に燈となって現れることのできる位置に来ることができたのか、これ以上ぐずぐずしてはいけません

もう一つだけ追加します。これから私が地上にいる間に、あらゆるものをすべて整理整頓するでしょう。天の父母様が私とともにいらっしゃるので、今まで耐えて来られた父母様の前に喜びと頌栄をお返して、毎日毎日「天の父母様、きょうはどこどこの何という国が父母様をお迎えして侍ると決心しました。」このような報告を捧げなければなりません。少なくとも私が地上にいる間に、10年になるか20年になるか分かりませんが、77億人類の中の3分の1でも天の父母様を知って侍ることのできる地上天国(実現)を実践しなければなりません。

皆さん一人が100人、また100人が1000人と相対することのできる実力を持って努力すれば可能になります。皆さんが進むことのできるすべてのものを私はつくってあげました。この国だけではなく、全世界を直接私が訪問しながら報告を受けられる時間があるでしょう。一日を千年のごとく生活しなければならない立場で、本当に多くのことができるようになります。それで私は世界本部を強化します。これからすべての指示を、世界本部を通して行います。今までもそのようにしてきましたが、国家を相手にしてもそのようにします。それで世界本部の本部長として尹煐鎬を任命します。今まで皆さんが多くを理解できずに口うるさくしていたことも知っています。しかし信じられないことを話した時に信じた人です。皆さんは全員違うと言いましたが、彼は信じました。

天一国は、一つになった天の国です。私が1960年、真のお父様と聖婚した時、天が私に啓示を下さいました。「これからすべての民は天一の民になるでしょう。」金氏、李氏、朴氏など、すべて天一の民です。「どうすれば天一国に相応しい人として暮らすことができるか」が問題ですが、そのような人の名前が、天に残される名前です。このことがどれ程とてつもない祝福であり、また恐れなければならない名前であるかを皆さんは分からなければなりません。「天一国が何ですか?」と言ってはいけません。これから私の耳にああだこうだという言葉が聞こえないようにしなければなりません。これからはひとつの声、ひとつの行動で私と一つにならなければなりません。ひまわりが日に向かって、雲が遮っても、何かが遮ってもひとつの方向に向くように、あなたたちがそのような姿勢を持たなければなりません。分かりましたか? (はい)そのようにしますか? (はい)誓いますか?(はい)私は長く待ちはしません。

今まで54年間摂理をして来たものは、基元節を迎えるための準備でした。基元節からは新しく進まなければなりません。新歴史、新時代です。それではどのようにしなければなりませんか? 人間として一番重要に考えなければならないものは、子供であれば父母なのです。父母の聖婚記念日です。この日だけが永遠に人類の前に伝わっていくのです。

摂理の完成は春に出発します。春の季節から出発して完成しなければなりません。それで真の父母の日の行事3月16日、天の父母の日の行事も3月16日にしなければなりません。どうしてそのようにならなければならないか、私が説明しました。忘れていないでしょう。天の父母様は春に出発されました。冬の間にすべて準備されて、春に花を咲かせて希望の芽を息吹かせようとされたのです。ですから人類の前に、天の前に最高の日は3月16日なのです。今後の行事はこれからずっとそうしていくでしょう。嬉しいですか?(はい)感謝しますか?(はい)愛しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました